血の伝承
アニメ「BLOOD+(ブラッドプラス)」を見た感想や 色々な考察をしていこうと思っています。 その他日々感じたことなど。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLOOD+ Episode-2「魔法の言葉」
今週はついにアクションシーンが見れると思うと
楽しみですね。
それでは感想・考察です。
■初アクションシーン!

最初のセリフは「sword」って言ったんだろうか…!?
ハジから刀を受け取った小夜。
一刀の元に翼手を切り伏せ、血飛沫を浴びたところに
カイが呼びかけると、小夜は正気を取り戻し、気絶してしまいます。
ハジも、「まだ、目覚めていないか」と。

■翼手に対しての小夜

小夜の血が翼手の血を凝固させて再生能力を消すのでしょうか?
前回言っていた「マウス」の一匹はどうやら先ほどの翼手だったようですね。

■カイ

カイは荒っぽい性格で怖がられている、という設定ですが、
小夜のことは相当大事に思っているようですね。
その理由など過去がいずれ明かされるときがくるのでしょうか。
もしくは、共に戦うことも…?


■翼手の存在の隠蔽

翼手とその死体は駆けつけた米軍によって回収され、
その存在も事件も米兵の仕業として隠蔽されてしまいました。
翼手の死体を見たジャンのセリフから、彼らは小夜の存在を
知らないようです。



■抜け落ちた記憶

病院で目覚めた小夜は、学校に行ってからの記憶が
抜け落ちていました。
競技会のことを気にする小夜にジョージは優しく「次があるさ」
と慰めます。
しかし、鏡に向かったときにその記憶がフラッシュバック
してしまいます。

■ジョージとデヴィット

翼手を倒したのは小夜に間違いない、
だから組織に返せと迫るデヴィット。
小夜は「翼手に対抗しうるたった一つの兵器」
…やはりそういうことなのですね…
小夜にとっては辛過ぎる事実を立ち聞きしてしまい、
小夜は病院を飛び出してしまいます。

■小夜とハジ、そしてカイ
海岸で小夜は、ハジと出会います。
「私がなんなのか知っているのなら教えて」と問う小夜ですが、
ハジは何も答えません。
やってきたカイに、小夜は不安を告げます。
カイは「小夜のそばには俺がいる。親父も、リクもいる」
…その言葉に小夜はふと安堵の表情を見せます。
「なんくるないさ」意味は「どうにかなるさ」。

■二匹目のマウス

…そして家に戻った二人。
しかしデヴィット達が不穏な動きを見せていました。
デヴィットの見つめる写真は、ハジと小夜…?
ジョージのところにかかってきた無言電話。
それは、人の姿に擬態した翼手からの電話…

アクションシーンは本当に一瞬でしたが、
なかなかインパクトのあるものでしたね。
覚醒したときの小夜は紅も強く引いているのが、普段の小夜
とのコントラストになっていいです。

次回予告ではジョージの意味深なセリフが…

「一年前のあの日、目覚めたばかりのお前は
冷たく重い雨の中にいた。
お前の眼を見たとき、俺は誓ったんだ。
お前を、娘として育てようってな。」

小夜には辛い展開になっていくのでは、と
思わずにはいられません…
ジョージ達や香理が支えてくれるとは思いますが…

次回に続く!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
BLOOD+(1) 完全生産限定版喜多村英梨 小西克幸 吉野裕行 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-12-21売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools『魔法の言葉』なんとか、友達から動画ファイルもらうことができました・・・。よかったぁ~、見れて...
2005/10/16(日) 18:10:34) | ライブ窓ぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。